TOPページマンション購入記shinoの日記リンクサイトマップメール

 ローンの種類

固定タイプ
借入れ時の金利が最後まで続くタイプです。

  <良い点>
返済額がずっと一定の為安心。資金計画が立てやすい。
  <悪い点>
他のタイプに比べて金利が高く設定されてしまう為、借り入れ時より市場金利の上昇がなかった場合には、他のタイプに比べて一番利息を払うことになる。

変動タイプ
借入れ後、原則的に半年に1度金利の見直しがあるタイプです。毎月の返済額は5年間一定ですが、金利の変動によって利息と元金の割合が変動します。

  <良い点>
固定タイプより金利が低い。
  <悪い点>
将来金利が上昇した際、返済額が大きくなってしまう。


このタイプの場合、毎月の返済額は5年間一定なので、金利が上昇しても返済額は5年間変わりません。
この5年の間に金利が上昇してしまった場合、同じ金額を払っていても返済額のうちの[利息分]の占める割合が増えてしまっている為、5年経過した際の[元金]残高が借り入れ時の計画よりも残ってしまっている状況になりかねません。
5年毎に返済額が見直されても、返済額の上昇分は25%までとなっている為、決められた返済額で[利息]と[元金]の両方を賄いきれず、最悪の場合には[利息]だけ支払っていて[元金]はちっとも減っていない・・・という状況にもなりかねません。返済しているつもりでも[元金]は減っていないので、ローン残高は増えるばかり・・・となってしまいます。


固定期間選択タイプ
3年、5年、10年など、一定期間だけ金利を固定するタイプです。固定期間終了後はその時点での金利が適用されます。

  <良い点>
固定タイプより金利が低い。(期間による)
  <悪い点>
期間終了後の金利が分からない為、資金計画が立てにくい。固定期間終了後に金利が上昇していたら、次の月から毎月の返済額が1万円、2万円・・・と上がってしまうことも考えらる。 


ウィンドウを閉じる



Copyright © 2004 Rela*Style. All Rights Reserved.